変形性頚椎症の治療法

手術を勧められていて、症状が酷くて困っている方でも当院にご相談ください。

猫背姿勢を改善し、変形した頚椎への負担を減らすことで、

痛みやシビレが改善された方がたくさんいらっしゃいます。

原因

変形性頚椎症の方は、うつむき加減の姿勢や頭が前へ突き出た姿勢が長く続いてしまうことで、

首のカーブがなくなってしまい、頚椎がまっすぐになりストレートネックと呼ばれる状態になっています。

ストレートネックになってしまうと椎間板が圧迫を受けやすくなり、

椎間板の弾力性やクッションとしての働きが弱くなっています。

また、年齢とともに椎間板の厚みも薄くなり、その結果、背骨同士がぶつかりやすくなります。

ぶつかることによって背骨自体が変形してしまい、骨棘と呼ばれる骨の変性が起こり、

背骨の角が刺々しく(とげとげしく)なってきます。

これが変形性頚椎症です。

この棘が神経を圧迫して、様々な症状を引き起こします。

症状

慢性的な首こり・肩こり
後頭部にかけておもだるい
頭痛
首を傾けるとズキンと首から背中に痛みが走る
寝違えやすい
手や腕にかけての痛みや痺れ

ホームページ